カテゴリ:プロツアー関連( 159 )

2015 日本シリーズJTカップ 最終日

国内男子ツアーの今季最終戦、第52回 ゴルフ日本シリーズJTカップが6日、東京都の東京よみうりカントリークラブで最終ラウンドの競技を終了。単独トップから出た石川遼が3アンダー67で回り、通算14アンダーで自身初の日本タイトルを獲得した。

前日に「63」の猛チャージで単独首位に立った石川。メジャー初Vへ逃げ切りを図ったこの日は、出だし1番から3パットボギーで出遅れるも、その後の3番から4ホールで3バーディを奪取。前半はそこから1つ落として1アンダーで回り、2位小田孔明と5打差で折り返す。

サンデーバックナインでも13番でボギーが先行。しかし、直後の14番ですぐさま取り返すと、16番、17番と立て続けに伸ばし、十分なリードを手に最終18番パー3へ。大観衆を前に優勝を決めるパーパットを沈め、後続と5打差の圧勝で今季2勝目となるツアー通算13勝目を飾った。

e0076231_17144217.jpg

10000バーツ賭ければよかったな(笑)
昨日よりショット、パットのクオリティが10%下がったが余裕の勝利でしたな。
丸山が米コースとの違いを解説してたが、それ以外に、水、食い物、空気、外人、etc.....が日本とは勝手が違うので、案外そのあたりでモタついてるのかもね。日本オープンで2時間くらい二人っきりでご一緒したが気を遣い過ぎるぐらいのイイ子だね。
松山はそのあたりは図太いみたいなので実力を発揮しているのかもしれないな。
まあ遼くんもこの勝利で弾みをつけて来期は更なる活躍をして欲しいと思います。
ではまた!

by bouprogolfer | 2015-12-06 17:24 | プロツアー関連

2015 日本シリーズJTカップ 三日目

首位タイから出た石川遼が10バーディ、3ボギーの「63」をマークし、通算11アンダーまで伸ばした。前週の「カシオワールドオープン」に続き、2週連続で最終日を首位で迎えることになり、初のメジャータイトル獲得、今季2勝目へ王手をかけた。4ストローク伸ばした後、終盤14番から4連続バーディを奪い、後続を突き放した。

石川と最終組で回った小田孔明が1イーグル、4バーディ、2ボギーの「66」でプレーし、通算8アンダーの2位につけた。同じく最終組のハン・ジュンゴン(韓国)が通算5アンダーで3位となった。
通算4アンダーの4位に池田勇太、片山晋呉、谷原秀人、藤本佳則、リュー・ヒョヌ(韓国)の5人が並んだ。

e0076231_1636478.jpg

遼くん絶好調だな。スイングに隙がないもんな。
特にパッティングが最高の出来ですな。
微妙に青木功テイスト入ってるし(笑)オデッセイもキャッシュイン作ったれや♪

まあこの調子で行っちゃったら石川選手の独走になりますな。
ただ東京読売は集中力が欠けるとズルズル落ちるので慢心しないことですな。
まあ遼くんに100バーツといこう。
ではまた!

by bouprogolfer | 2015-12-05 16:41 | プロツアー関連

2015ダンロップフェニックス

国内男子ツアーのダンロップフェニックスが22日、宮崎県のフェニックスカントリークラブを舞台に最終ラウンドの競技を終了。宮里優作が2アンダー69でラウンドし、通算14アンダーで今季初勝利をマークした。
2ストロークのアドバンテージを得て最終日をスタートさせた宮里は、4番までに2つのボギーを喫したものの、7番で1つ返した前半を1オーバーで折り返す。バックナインに入り、最初の10番をバーディとすると、その後は2つスコアを伸ばし、4バーディ、2ボギーでホールアウト。昨年4月の東建ホームメイトカップ以来となる優勝トロフィを獲得した。
一方、トップと4打差の4位タイから出たディフェンディング・チャンピオンの松山英樹は、前半を2バーディ、2ボギーのイーブンパーで折り返すも、11番、13番でバーディを奪取。さらに最終18番パー5では連日となるイーグルをマークして会場を沸かせたが、通算12アンダーで宮里に2打及ばず、藤本佳則と並ぶ2位タイで4日間を終えている。
e0076231_17123612.jpg

みなさんおひさしぶり!ここんとこスイング研究に没頭してまして更新が滞ってずびばぜん。
やっと納得がいかない部分の辻褄が合ってきたのでそのうち真髄4章もあるかもね♪

宮里やったじゃん。松山ほどではないがスイングに一縷の隙も無いもんな。日本シリーズに勝ってから堂々のオーラが出てきましたな。17番でパーを拾ったのが大きかったんだと思いますな。まあこの調子でちょくちょく勝つだろな。

松山も惜しかったな。18番連続イーグルは凄すぎるだろ(汗)パターがもうちょい入ってたら連覇だったな。まあ来年頑張れ。それよりもメジャー奪取頼むわ♪ではまたね!

by bouprogolfer | 2015-11-22 17:23 | プロツアー関連

2015マスターズ 最終日

スピースが逃げ切ったか。三日目後半でダボ打った時は少し痺れてたから最終日崩れるかなと思ったが大間違いでした(笑)

松山は大健闘だな。11アンダーは大したもんだ。特に最終日ノーボギーの66は凄いな。スイングが更にしっかりしたのでボールがブレないな。この調子だと近い将来グリーンジャケットも夢ではないぞ。まあ頑張れ!
e0076231_648317.jpg

by bouprogolfer | 2015-04-13 07:57 | プロツアー関連

2014日本オープン最終日

国内男子メジャー「日本オープン」の最終日。池田勇太がトータル10アンダーにスコアを落としながらも1打差で逃げ切り、ゴルファー日本一の称号を手にした。池田はこれでツアー通算12勝目。メジャータイトルは09年の「日本プロゴルフ選手権」以来2勝目となる。

3打差で迎えた16番ホール。205ヤードを5番アイアンで放った池田勇太のティショットはグリーン奥のバンカーにつかまった。バンカーのふちでピン方向には打てず、バンカーショットはグリーン右手前にこぼれ、ダブルボギー。同組の片山晋呉、3つ前の組をいく小平智とは1打差に迫られた。

それでも、「まだ1打リードしてるから」28歳は慌てない。17番のティショットは冷静に3番ユーティリティでフェアウェイをとらえると、199ヤードのセカンドは5アイアン。前ホールでグリーンオーバーしているだけに迷いもうまれるところだが、「左からの風にぶつけてカットに打てば絶対にオーバーはしない」とイメージ通りグリーンをキャッチ。16番のダブルボギーは想定外だったものの、冷静さを失うことなく1打差を守りきった。
e0076231_18195414.jpg

池田選手、念願の日本オープン優勝おめでとう!

それにしても伸び悩んじゃったからギリギリだったなあ。

小平がバーディパットをヘロヘロ外してなかったらわかんなかったな。でもこれで小平は自信になったろうな。今後怖いな。

マークセンもやっぱ雑なんだよな。繊細さが身についたら勝ちまくりだろ。

片山は息切れな。年だなあ、拙者も(笑)

来年は六甲国際だな。各選手の切磋琢磨を期待する。

ではまた!

by bouprogolfer | 2014-10-19 18:29 | プロツアー関連

2104日本オープンゴルフ選手権


◇国内男子メジャー◇日本オープンゴルフ選手権競技 3日目◇千葉カントリークラブ 梅郷コース(千葉)◇7,081yd(パー70)
1打差の2位から出た池田勇太が、6バーディ2ボギーの「66」で回り、通算12アンダーとして単独首位に浮上した。大会初制覇、2009年「日本プロゴルフ選手権」以来の2つ目のメジャータイトル獲得へ向け、最終日の戦いに臨む。
プラヤド・マークセン(タイ)を1打追い詰めきれず、初日、2日目を終えた池田はこの日、15番で5つ目のバーディを奪い、14番でボギーを喫して並んでいたマークセンをついに逆転した。
通算9アンダーの2位は、マークセンのほかに、5バーディ1ダブルボギーとこの日3つスコアを伸ばした片山晋呉。片山は3度目となる日本オープン制覇を目指し、最終日最終組で池田と対決する。

<主な選手の成績>
1/-12/池田勇太
2T/-9/片山晋呉、P.マークセン
4T/-6/S.J.パク、時松隆光
6T/-5/小平智、ジャン・ドンギュ
8/-4/近藤共弘
9T/-3/北村晃一、小林正則、谷原秀人、B.ケネディ
e0076231_1617233.jpg

池田は準備万端つ~か、タイトルまじで獲りにきてるだろ。
かなり丁寧に振っとるし(笑)まあ顔付き見れば分かるわな。

対抗馬は順当にいけば片山とマークセンになるのかな。
片山は体力が残ってれば強敵だな。あとはパター次第だよ。

マークセンはダンロップ行っちゃったな。こやつはいいスイングするんだが、なにせ大雑把なんだよな。このへんが足を引っ張らなければ充分強敵だぞ。

今年の会場の千葉カンは昔競技で好成績出した事ありますが、ドライバー使わないで安全にいった記憶がありますな。それだけ曲げたらダメってコースなんだな。
明日はピンポジも難しくなるしオールラウンドで好プレーをしなければ優勝はできないだろうな。

ではまた明日!

by bouprogolfer | 2014-10-18 16:30 | プロツアー関連

2014日本女子オープン

【女子ゴルフ・日本女子オープン選手権】最終日(5日、滋賀・琵琶湖CC栗東・三上、6522ヤード=パー72、賞金総額1億4000万円、優勝2800万円)
11位で出たテレサ・ルー(台湾)が67で回り、通算8アンダーの280で初優勝した。今季2勝目、通算3勝目。台湾勢の制覇は1991年の※(※=サンズイに余)阿玉以来。
 1打差の2位はイ・ナリ(韓国)。高校2年の17歳、永井花奈(東京・日出高)が2打差の3位でベストアマチュアとなり、日本人アマの歴代最高位に入った。
 前日首位の鈴木愛は76とスコアを落として5位、昨年優勝の宮里美香は21位だった。
e0076231_17473475.jpg

台湾やったな!
阿玉さん以来の優勝あっぱれだなテレサ・ルー。
サイペイインの先輩でもあるし拙者も日本の知らないプロが勝つより嬉しいですな。

以前サイペイインの練習ラウンドを見に、サイバーエージェント会場に行ったときも彼女は同伴でプレーしましたのでスイングは間近で観察出来ました。

ゴルフスイングの基本中の基本と言えば皆さんもご存じのインサイドインですな。
テレサは当時ダウンスイングでやや身体を傾げてインサイドアウトのスイング軌道でありました。
こうやって打つと距離は出る代わりに方向性が不安定になります。それからカラダにも負担がかかり
腰痛等の障害も出やすいので拙者は生徒には絶対に勧めません。

で、今回の彼女のスイング軌道は見事にインサイドインに近づいておりました。
相当調整したんだな。
やはりメジャーを獲るとなればそれ相応の技術が必要ということなんですな。

まあなにはともあれ久々の台湾快勝に謹んでおめでとうと言いたいな。

来年は日本勢がんばれ。ではまた!

by bouprogolfer | 2014-10-05 18:14 | プロツアー関連

2014全英オープン 最終日

ゴルフのメジャー第3戦、全英オープン選手権は20日、英ホイレークのロイヤルリバプールGC(パー72)で最終ラウンドが行われ、ロリー・マキロイ(英国)が4バーディー、3ボギーの71で回って通算17アンダーの271で初日からの首位を守り抜いて優勝した。賞金は97万5000ポンド(約1億6900万円)。

2011年全米オープン選手権、12年全米プロ選手権に続くメジャー3勝目で、残すメジャータイトルはマスターズ・トーナメントのみとなった。25歳でのメジャー3大会制覇は23歳だったジャック・ニクラウス、24歳だったタイガー・ウッズ(ともに米国)に次ぐ若さ。

2打差の2位にリッキー・ファウラー(米国)とセルヒオ・ガルシア(スペイン)が続いた。松山英樹は5バーディー、4ボギーの71と伸ばしきれず、67をマークした小田孔明と並び通算1アンダーで39位だった。タイガー・ウッズ(米国)は6オーバーで69位。
e0076231_9193453.jpg

最終日マキロイがスタートホールでバーディ獲った時点で一人旅になるかと思ったら、後半一瞬分からなくなったな。
しかしマキロイの底力の強さと他選手の詰めの甘さでそのままの逃げ切りとなりましたな。
それにしてもマキロイのフィジカルの充実ぶりには目を見張ったな。あのカラダは相当な筋トレをしないと得られないし、体脂肪率のコントロールもゴルフ向きに仕上げたな。これに加えて心技のほうも過去最高なのでこの結果は順当だと思いますな。

ファウラーとガルシアも素晴らしかったが、マキロイの心技体に僅差で及ばなかったな。

松山もよく頑張ったと思います。今回はー1でフィニッシュですが、ドンドン出てるうちにメジャーでも優勝争いをするでしょうな。勝つかどうかは神のみぞ知るところですが、それだけのものはすでに持ち合わせていると言っておきましょう。

来年はセントアンドリュースなので松山にはココでなんかやってほしいな♪

ではまた!

by bouprogolfer | 2014-07-21 09:41 | プロツアー関連

2014全米オープン 最終日

初日から単独首位を快走するマーティン・カイマー(ドイツ)が通算9アンダーで後続に8打差をつけ、2011年のロリー・マキロイ(北アイルランド)以来8人目となる初日から首位を守りきる完全優勝。2010年の「全米プロゴルフ選手権」に続くメジャー2勝目、米国ツアー通算3勝目を飾った。

通算1アンダーの2位にはリッキー・ファウラーとエリック・コンプトン。世界ランクトップのアダム・スコット(オーストラリア)が通算2オーバーの9位、昨年覇者のジャスティン・ローズ(イングランド)が通算3オーバーの12位に続いた。

4オーバー23位からスタートした松山英樹は1バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの「74」と崩れ、通算8オーバーの35位に後退。谷口徹は6つのボギーで「76」、通算29オーバーは決勝ラウンド進出者で最下位となる67位でフィニッシュした。
e0076231_9294659.jpg

いんや~、カイマー崩れなかったなあ。こんだけステディにプレーされちゃうと他選手はあきらめの境地に入って二位争いになっちゃうな。
ただゴルフは面白いもので次週からカイマーが絶不調になっても何ら不思議ではないんだな。

さて松山だが大健闘だとは思います。ですが決勝ラウンドでは息切れというか根負けというかズルズル下がっちゃったですな。
今後はタフでえげつないメジャーのセットでも耐えられるメンタリティを養えばいいと思います。

さてこれを糧に全英がんばってみよう!

ではまた。

by bouprogolfer | 2014-06-16 09:43 | プロツアー関連

2014全米オープン 二日目

<全米オープン 2日目◇13日◇パインハーストNo.2(7,428ヤード・パー70)>

米国男子メジャー第2戦「全米オープン」の2日目。初日1アンダーの6位タイと好スタートを切った松山英樹は2バーディ・3ボギーの“71”で1つスコアを落とし、トータルイーブンパーでフィニッシュした。

OUTコースからスタートした松山は315ヤードの3番パー4でバーディを先行させると、9番パー3でもバーディを奪って一時は3アンダーまでスコアを伸ばして見せる。しかし、後半は我慢の展開が続き、13番でボギー。16番、最終18番でもボギーを叩きスコアを落としてホールアウトした。

初日5アンダーと飛び出したマーティン・カイマー(ドイツ)が連日の“65”でトータル10アンダーまでスコアを伸ばして単独首位。その他の日本勢は谷口徹がトータル5オーバーで予選通過まであと1打というところで後続のプレーを待っている。矢野東はトータル20オーバー、宮里聖志はトータル22オーバーで予選落ちが確定している。
e0076231_9293892.jpg

まずは松山君メモリアル・トーナメント優勝おめでとう!

イーブンはまだまだチャンスあるぞ。

残り二日で伸ばせればイケるぞ。ピンポジ難しくなるから上は落ちてくるしな。

あと二日、誠に楽しみであります♪

ではまた!

by bouprogolfer | 2014-06-14 09:35 | プロツアー関連