<   2015年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

羽生結弦 驚異の体脂肪率! 《肉体大解剖》

前回は羽生選手のプロポーションについて書きましたが、今回は彼の体脂肪率について考察してみたいと思います。

羽生選手の体脂肪率が3%というのは報道やネットなどで広く知られており、皆さんも当たり前のように思っているでしょうが、私は最初「え?3%?うっそだろ~!?」って声をあげちゃったぐらいの衝撃的な数値なんであります。

なんでかと言うとボディビル等の減量で命を落とす人が時々出ますが、ほとんどが体脂肪率を4%から3%に落とす段階でなんですね。死因は低血糖症を引き起こしたわけ。つまり餓死したということ。言い換えればこの4%から3%のラインが生命の危機ラインというのがアスリートの間では常識なんです。

一時的にこのレベルに落としたとしても常時保つことはありえませんね。確実に寿命を縮めることになるでしょう。
で、羽生くんが3%をキープして世界を転戦してると聞いてビックリしたわけなんです。
簡単に体脂肪率一桁って皆さん言うけれど実際の見た目はこんな感じですよ。

e0076231_20373676.jpg

ね、もう10%切ったら迫力満点になっちゃうわけです。まあこの写真は筋肉量が豊富な人がモデルだから単純に羽生くんとは比較出来ませんが、写真の人も羽生くんも皮はつまめないでしょうね。強いてつまめる場所を探すとなると、お尻の皮は可能性あるけどやっぱりすべってつまめないかな。

e0076231_234227.jpg


で、何故羽生くんが元気でやっていられるのかなんですが、徹底した栄養管理とサプリメントの摂取をコーチ陣がサポートしているからなんでしょう。

もし皆さんがにわかに体脂肪率をこのレベルに落としたら仕事に支障をきたすし、生命の危機にも直面しちゃうのでくれぐれも真似しないようにね。

羽生くんには長くこのコンディションをキープして好記録を連発して欲しいと思います。

今回は羽生結弦選手の体脂肪率について考察してみました。

ではまた!


ブログ移転のお知らせ

いつも遊びにきてくれてありがとうございます。

このたびブログを移転いたします。

新ブログはココであります。ブックマークを是非!
 ↓ ↓  ↓ ↓

OK牧場への道 by bouprogolfer
http://bouprogolfer.me/

今までの記事はほとんど残しておきますのでお楽しみください!

ではまたアチラで!!(ゴルフ男の続きもね!)
                        某プロゴルファー

by bouprogolfer | 2015-12-31 11:53 | 羽生結弦

ゴルフ男【ハンデ改正】17

師匠「ん?なんの用だっぺ?」
ギプ「ん~・・・・」
師匠「あのガキの調子はどうだっぺ?」
ギプ「・・いいっすよ・・」
師匠「おまえが何しに来たか大体察しはつくがな・・へっへ」
ギプ「き、今日グロスで負けましたっぺ」
師匠「はっは、そりゃ~災難だっぺな(笑)」
  「んで、何の用だ?まさかハンデ改正のお願いじゃあねえだろな」
ギプ「・・・・・・・・」
師匠「だから言ったっぺ!あのガキはモノが違うってよ」
ギプ「ハンデ5じゃきついっす・・マジで・・」
師匠「まあよかろう、あのガキも元は取ったからな・・」
ギプ「じゃあいいっすか、改正で?」
師匠「でなきゃ、いかんだろ?」
ギプ「じゃあいくつにしていいっすか?」
師匠「2個やれ、ハーフで」
ギプ「は、はいではそれで!」
師匠「見る目ないな、おめえは。だからギリギリだっぺ」
ギプ「・・・・・・・」

34で回った翌日から、ハンデ2に改正を余儀なくされました。
東京本社に帰る、1ヶ月前でした。
やっぱ2だときついね。負け50%、引き分け40%、勝ち10%って感じ。
でもこれがスクラッチだとしたら、ほとんど負けですね。このへんからプロレベル
の凄さをつくづく感じました。
茨城最後の日が刻一刻と近づいていきました。

by bouprogolfer | 2015-12-30 07:02 | ゴルフ男

某プロサインコレクション Vol.9

今回は往年の伊達男、ダグ・サンダースでございます。

おっさんゴルファーでこの人知らなければモグりだんべ(笑)

そのくらい昔は有名なプロゴルファーだったわけですね。それは・・。

e0076231_108338.jpg


ダグ・サンダース

「1960年代に活躍したダグ・サンダースは、いつもド派手ないでたちでプレーをしたため、「ピーコック・ガイ」(「フェアウェイのクジャク」)などと呼ばれ絶大な人気を誇っていました。また彼はスイングも独特で、これもドのつくコンパクトなもの。いつしかそのスイングは狭いところでも振れるということからテレフォンボックス・スイングというニックネームがつきました。サンダースはアメリカ・ジョージア州生まれ。全国ジュニアを制し、のち57年からツアー参戦。通算で20勝をマークしています。メジャーの記録は全米プロ、全米オープンでそれぞれ1度づつ、全英オープンで2度の合計4度の2位という珍記録を残しています。派手なファッションと小さなスイングで、当時の国民的ヒーロー、アーノルド・パーマーと人気を二分していた存在だったそうです。」.GDO参照

この人はプロアマでフォード大統領だかボブホープだかとプレーしてましたね。

色鉛筆セットみたいなウェアきて林由郎スイングしてたわ(笑)

テレフォンボックス・スイングなどと茶化す人が多いけど、実際無駄のない合理的なスイングだと思いますね。リートレビノとかモーノーマン等優秀なプレイヤーはけっこうこんな感じです。
筆者もラウンドになるとこんな感じになっちゃいますね。

今は相当なジジイになってるんだろ~な。お元気で!

ではまた!

by bouprogolfer | 2015-12-29 10:24 | 某プロサインコレクション

渡辺健斗選手 駒大進学へ

昨日は毎年恒例の忘年コンペを開催いたしました。

お天気は快晴で参加者の方々にも楽しんでいただけたようで何よりです。

ご協力いただいたキャロウェイゴルフにはこの場を借りて御礼申し上げます。

さてさて、久しぶりに渡辺健斗選手とラウンドいたしました。その結果は・・。





お遊びゴルフなのでちょっと打っちゃったみたいだけれども、基本的スイングは春に見た時と同じでしたね。
良く解釈すれば、ちゃんとキープしてるじゃん♪
辛く解釈すれば、まだまだ甘いトコあるよ~って感じ。

まあしかしよく飛ばしますわ(笑)
フィニッシュ見てください。普通こんなに止まってられないですわ(笑)

でも詰めが甘いんよねこの子は。欲がないというか貪欲さに欠けるというかね。
気持ちが優しいのでそういった面が出るんでしょうかな。
今後QTとかにチャレンジするとは思うが、こういったあたりを一皮剥ければなと思います。

さて、来春に埼玉栄高校を卒業して進路は駒澤大学に決まりました事をご報告いたします。

当然ゴルフ部で腕を磨くことになります。この4年間でどれだけ成長するか楽しみです。

ゴルフはちょっとした気づきやきっかけで急成長するので、そういった刺激を与えてあげればなとは思っております。

それから昨日聞いたんだけど、料理が上手いらしいのでそのうち「KENTO'sキッチン」でもご紹介しようかな。

とりあえず健康でケガのないように体調管理は充分して欲しいと思います。

まあがんばれ!

ではまた。

by bouprogolfer | 2015-12-28 12:00

ゴルフ男【快進撃の始まり!】16

快進撃から1ヶ月くらい後に劇的なハーフをやってしまいますた!
彼らもたま~に、出るパチンコ台みたいにバーディ連発で30台前半に
なったりしますた。俺もあったんですそんな日が・・・

それがハンデ改正の引き金になりますた。
朝のラウンドは42回叩いて、引き分けベースですた。
そしてその日の夕方のアウトコース、アウトって相性いいかも・・・。

1番ミドル、ティッショトFw左、2打目7番でワンピン。フックラインを薄めに
       打ったら、ド真ん中から入ってバーディ!いきなりアンダーかよ!
2番ミドル、ティショット真ん中。7番で打って7m。OKでパー。
3番ショート、7番ウッドで打ち、10m。1・5mを慎重に入れてパー。
4番ロング、ティショットはナイスで300y越え。2打目5Wで打って手前20Y。
       SWで3打目、1mへ。震えながら入れてバーディ!
5番ミドル、1打目ナイスショット。2打目5mにオン。入らずパー。
6番ミドル、1打目右ラフ。8番でフライヤー期待で打ったら5mショート。
       1ピン弱につけるも入らずボギー。
7番ショート、5番で打ったドローが2ピンへ。カップを舐めてパー。
8番ロング、1打目ナイスショットでド真ん中。2打目3番ウッドで残り10Y。
       SWで打ったら30cm。OK出なかったが、優雅に入れてバーディ!
9番ミドル、1打目ナイスショット真ん中。7番で打ったら右手前15y。
       SWで2mへ。登りのスライスラインをねじ込んでパー。

終わった時はもう呆然としてますた。何をやったかわかんない感じ・・・・
結果は、俺34、ギリプロ36、研A36、研B38、ですた・・・・

ギプ 「く~~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!」
研A 「ぐ、グロスで負けってか・・・・・・」
研B 「もうやだ、ハンデ5・・・・・」
俺  「これって、ベスグロっていうの?」
ギプ 「く~~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!」

なんかこの夜、ギリプロは師匠のとこへ行ったらすい・・。続く。

by bouprogolfer | 2015-12-27 08:00 | ゴルフ男

お気に入りカレー

時々この店でカレー食べるんよね。


e0076231_13262015.jpg


で、種類はビーフ、チキン、キーマの3種類なんだけど、キーマは油っぽいしビーフは肉はどこ?って感じなんでイマイチなんだけどチキンは絶品だと思います。
なのでいつもチキンね。それは...。

e0076231_13272121.jpg



カレー専門店なんて山ほどあって、凝った味付けのカレーが多い中ここのカレーは素朴でシンプルなところがいいんだよね。

まろやかな中に溶け込むようにチキンが煮込んであります。
なので肉は固形じゃない訳ね。これがいいんだよね。
ライスは白米と十六穀米の選択ね。
で、白米もいいんだけど十六穀米が不思議にこのチキンカレーに合うんだよね。
トッピングはいつも茹で卵ね。温泉卵もあるんだけどグチャグチャになるんで敬遠してます。

これにコーヒーがついて700円也。そのうちまた食べよっと。

で、もう一軒カレーの美味い店があるんだよね〜。

それはまた今度紹介いたします。

ではまた!

by bouprogolfer | 2015-12-26 12:33 | 食い物関連

ゴルフ男【快進撃の始まり!】15

1人勝ちした翌日から快進撃が始まりました。

翌日朝、俺40、研A37、研B38で勝ち。
   夕、俺41、ギリプロ37、研A37、研B39で勝ち

次の朝、俺41、研A40、研B39で勝ち。
   夕、俺39、ギリプロ35、研A35、研B37で勝ち。

次の朝、俺40、研A37、研B37で勝ち。
   夕、俺40、ギリプロ35引き分け、研A36、研B38で勝ち。

たま~に爆発するヤツがいて、そん時は負けたな。

ある日、俺40、ギリプロ31負け、研A36勝ち、研B37勝ち。
ある日、俺39、ギリプロ32負け、研A34引き分け、研B36勝ち。
ある日、俺41、研A35負け、研B36引き分け。

このぐらいかな負けたのは、あとはほとんど1ヶ月間勝ち続けますた。
やっぱハーフにハンデ5はでかいですね。それに日本オープン寸前の
セットなんで皆んな、そんなに簡単にアンダーが出ません。俺ももちろん
なんだけんどダボ打たないように頑張ればたいてい勝てる感じでした。

ギリプロ「くっそ~、ハンデ5もやるんじゃなかったっぺ!」
研A   「兄貴、話が違うっぺよ」
研B  「もう完全に前の負けを回収されたな・・」

でもなんか簡単にハンデ改正できない理由があるらしい・・。

なんかねえ、俺がコースデビューする前に、師匠とギリプロで
俺のハンデを決めたらすい。

師匠 「おう、あのガキのハンデ、いくつやるっぺか?」
ギプ 「ん~、ハーフ5つもやっときゃ、きつくもなく甘くもなくていいんじゃ?」
師匠 「ほ~う、ええんか?それで。30台で回られたらやられるぞ」
ギプ 「へっ、あのコースで30台出せませんって、せいぜいボギーペースだっぺ」
   「せいぜい頑張って引き分けだっぺな、ハンデ5だと・・」
師匠 「よしわかった。ハンデ5だな。一旦決めたものは勝手に変えるなよ」
ギプ 「オヤジい、だいじょぶだって~!ハンデ5がお互いにいいとこだっぺ」
師匠 「よし約束だっぺよ。ハンデ5で行くっぺ」「簡単に泣き入れてくんなよ」
ギプ 「ありえませんて。レベル違い過ぎ。ハーフ10やってもいいくらいだもの・・」
師匠 「お~お~、吠えるのう(笑)」
ギプ 「はい、決まりだっぺ!」

って、いきさつがあったらしいです。だからずっとハンデ5できた訳です。
でも数日後にそれも崩れる一波乱がありますた。続きは今度で。

by bouprogolfer | 2015-12-25 08:00 | ゴルフ男

ゴルフ男【快進撃の始まり!】14

あれから数日、引き分けがあったり、惜敗したりの小康状態でしたが、ついに
やりました。完全勝利です。もうゾーンに入ったっていうかな、朝も夕も一人勝ち。
嬉しかったんで、よーく覚えています。朝の1番から書きます。

1番ミドル、ティッショトが右林へ、出すだけ、3打目7番でちょっとショート。
       4打目SWでアプローチ、1ピン弱につけるが入らずダボスタート。
2番ミドル、開きなおったティショットは300Y越え、Fwセンター。7番の2打目が
       10mにオン。2パットのパー。
3番ショート、7番ウッドで打ち、4mにオン。下りフックのバーディトライは惜しくも
       カップを舐めてパー。
4番ロング、1打目Fw右。280Y。ちょっとアゲ。2打目3番ウッドで残り40Y。
       SWで3打目を打つと1ピンにオン。入らずパー。
5番ミドル、1打目をやや引っ掛けて左ラフ。2打目を5番アイアンで打つもバンカー
入り。バンカーショットが3mにオン。ねじ込んでナイスパー!

6番ミドル、1打目いい当たりだが右ラフ。7番アイアンがフライヤーして5mオーバー。
       返しのアプローチ、下りで速いんでSWを開いてトロトロ、2mに。これを
       ねじ込んでナイスパー。
7番ショート、1クラブ間違って手前ギリギリにオン。登りの20mを1・5mに。ねじ込んで パー。
8番ロング、1打目ナイスショットでド真ん中。2打目5番ウッドで残り30Y。SWで1ピンに つけるもラインが合わずはずれてパー。
9番ミドル、1打目ナイスショット真ん中。6番アイアンの2打目がフックして左ラフ。20yをSWで打ち3mに。カップ右側からきわどく入りナイスパー。

気が付いたら終わってたって感じです。淡々とプレーできました。多分最初のダボで無欲になったんでしょうね。最初ダボであとは全部パーの38回でした。生まれて初めての30台 でした。一緒にまわった研Aが37回、研Bが38回。ハンデ5あるからぶっちぎりの勝ちです!

研A 「ひぇ~、おめえしぶとくなったぺな、そろそろ崩れるかなと思ってたら崩れなかったな・・」
研B 「よく拾いまくったなあ~、こういうの今回だけに是非キボ~ン」
俺 「はは・・勝っちゃった。マグレだよ」

で、その日の夕方も9H。今度はインコースをプレー。
今回はあまり拾えませんでした。でもボギーでおさまるようになってきた。ボギーでいいやって 思うと気が楽になるしね。
1バーディ、5ボギーでパー3個の40回ですた。ギリプロが36で1打勝ち。研Aも36で1打勝ち。研Bが39回で余裕の勝ち。
生まれて初めての30台と70台が一気に出ました。朝夕で78回ってことね。もうね、嬉しいっていうか夢じゃないかって思った、マジで。だって前日までせいぜい朝夕合計で84回くらいしか出てないんだから。出る時は一気に出ちゃうんだなって思いました。

みんな 「なんか、やーな予感・・・・」
俺   「はは・・・」

そんで、みんなのやーな予感っていうを現実にしなきゃと、翌日も頑張りますた。

by bouprogolfer | 2015-12-23 06:30 | ゴルフ男

ゴルフ男【パッティング天性のタッチ】13

滞在3ヶ月くらいの早朝に42回が出ました。
まあ、内容は平凡ですがアプローチのおかげでポカが少なかったんでしょう。
研A、研Bが共に37なのでハンデ5を引いてチャラ。感動のチャラですた!
もうこのへんまで来ると、近いうちに「勝利の予感」がありますた。
もうなんつ~の、こんだけ毎日ゴルフやってると、「緊張する」とか「あがる」って
しないね。もう淡々と打っては進み打っては進みって感じ。
で、よく寝てよく食べました。ふくらはぎとか異常に太くなったもん。

で、この日にみんなに褒められたことがあるんで書いておきます。
俺ってパッティングのタッチがめちゃくちゃイイらしいんです。
基本の構えと逆オーバーグリップを教わっただけで、後は適当にやってた・・

研A 「おめえのボールの転がりはホントにええっぺな・・」
研B 「なんか滑らかで、もう一伸びする感じだっぺな・・」
ギプ 「なあ、オヤジにパター、どう教わったぺか?教えれ・・」
俺  「ふぇ?構えとグリップだけだよ、後は適当よ」
ギプ 「ふーん・・・じゃあさ、おめえなりに気を付けてることは何?」
俺  「ん~?フェース面を変えないとかかな・・・」
ギプ 「ん~、そうじゃなくて・・じゃあ色んな距離にどう対応してるっぺか?」
   「おめえはよファーストパットの距離感良すぎだっぺ・・」
俺 「ふぇ?ん~とね、ボールの飛び出すスピードだけど・・何か?」
ギプ「自分で考えたの?それ・・」
俺 「そ~だね、自分で。だって最初のうちグリーンから出ちゃったりしてやだから・・」
  「なんかさあ、野球やってたから球の転がるスピードで止まるとこがなんとなく分かる」
ギプ「それ結構凄いかも・・楽勝プロが同じ事を前に言ってたっぺよ」
  「俺もそれ研究中だよ・・・」
研A 「普通さあ、距離によって振りの大きさを変えるじゃん」
   「でもそうやってるとタッチが大雑把になったり、手が入るんだよな」
ギプ 「なにしろおめえのタッチはすんばらしい!これマジレス!」
俺  「そ~なの?ギリプロのキャバでのタッチも良かったよ!」
ギプ 「それは言わないで・・・」

で数日後に記念すべき日が訪れました。続く。

by bouprogolfer | 2015-12-21 09:00 | ゴルフ男

某プロサインコレクション Vol.8

今回はボブ・ギルダーね。

日本では1980ブリジストンオープンに勝ってるのでファンもいるのかな。

アメリカではウエストチェスタークラシックの大詰めでのダブルイーグルが有名な人です。

e0076231_15112041.jpg


ボブ・ギルダー

「1950年オレゴン生まれ。アリゾナ州立大。PGAツアー6勝。1983ライダーカップ選手。
 現在チャンピオンズツアーで活躍中。」 

まあ生でプレーを見たわけだけど、フツーに凄いって感じでしたな。

それぞれの種目ではもっと凄い人がいたのでそれほど目立たなかった印象があります。

今はチャンピオンズツアーで楽しくやってるわけね。がんばってね!

ではまた!

by bouprogolfer | 2015-12-19 15:19 | 某プロサインコレクション