羽生結弦 驚異のプロポーション《肉体大解剖》

ここ最近、羽生結弦選手が史上最高得点の更新を連発して絶好調なのであります。

ちょっと前までは3回転か3回転半なら絶賛されていましたが、羽生くんときたら4回転の連発じゃあ~りませんか。これじゃあジャッジは高得点を付けざるを得ませんですね。

ただ、フィギュアの場合単なる技術だけの争いではないんですね。

それは何かというと美の争いも一枚噛んでいるのをお忘れなく。

そして羽生くんは技術だけではなく、美の領域も世界の一線を越えてしまったのです。

それは・・・・。
e0076231_2252464.jpg
e0076231_22523647.jpg


フィギュアの場合技術と共に、いかに優雅に美しく舞い踊るかという観点の下採点されます。

そして同じ技術で演技をしたとしても、プロポーション、表情などの付加価値が加わって審査員の琴線に触れる事によってより高得点を生むのですね。

そこをいくと羽生選手の肉体は日本人離れどころか人間離れしていると言っていいぐらい魅惑的なのであります。

まず体脂肪率は4%前後でしょうね。このぐらいになるともう皮はつまめないと思います。つまり筋肉のかたまりなんですね。見た目はほそ~い感じなんですが、そのフレームの中は筋肉満載なんですな。脂肪はほとんど無しでしょう。
そうでないとあの切れの良い演技は不可能なのですね。

では細くて筋肉があって体脂肪率が低ければいいの?って思うでしょ?

そうはいかないんですね羽生くんになるためには。

それは・・・、類い稀なる美の骨格の成せる業なんです。

彼は骨格の黄金比を満たすどころかそれを超越した体型を持っているのですね。

細いながら広い肩幅、キュンとしまったお尻、細いウェスト、そして筋肉のみで引き締まったカラダ。ただ立っているだけでも見る者を魅了してしまうでしょうね。

そしてその肉体で4回転を連発してしまうのですから審査員も「参った!」でしょうね。

筆者は男性ですが、男も惚れるカラダと言っていいでしょう。

その肉体を長く維持してもっともっと大記録を樹立して欲しいと思いますね。

今回は羽生結弦の肉体と好成績の関係について考察してみました。

ではまた!

ブログ移転のお知らせ

いつも遊びにきてくれてありがとうございます。

このたびブログを移転いたします。

新ブログはココであります。ブックマークを是非!
 ↓ ↓  ↓ ↓

OK牧場への道 by bouprogolfer
http://bouprogolfer.me/

今までの記事はほとんど残しておきますのでお楽しみください!

ではまたアチラで!!(ゴルフ男の続きもね!)
                        某プロゴルファー

# by bouprogolfer | 2015-12-14 23:18 | 羽生結弦

ゴルフ男【バンカーショットの技】・・9

そんで、ギリプロの足跡と打った跡と比べると、明らかに俺は手前を打ってる。

で、左に置いて打ったらそこそこは出来た訳よね。1晩考えました。わかりませんでした。
んで、翌日思いきってギリプロに上記の報告をしたところ。
ギ「そこまでやって聞いてきたんなら教えっぺな」
俺「おながいします」
ギ「おめえのオープン度合いはいいんだが、オープンにしただけで球が元の位置にあるからつまっちゃうんだべな」
俺「えっ、球動かしたら違反じゃん」
ギ「馬鹿。あのねえ、左かかとからの線は飛球線と十字架になるっぺ?」
 「おめえは左向いてんのに球が元の位置だから向いたラインと十字架になってないの」 「だからバンスが滑るスペースができないじゃん」
俺「あなたはネ申でつ。」

おもいっきり納得。でもちゃんと構えるとつま先線上に見えるよなあ。
でもこれも慣れだべな。

ギリプロ曰く「極端に苦手な種目が1つあればそれで自滅するっぺな」
  「おめえの場合はバンカーがその一つだっぺ」
  「で、そこへ入れちゃなんねえと思うと違う種目まで畏縮するっぺな」
  「んで、なおさら余計にバンカーさ入るっぺな」
  「こんな時はよ、そればっか1日やるな。楽勝プロは昔っからそうだっぺな、
   オラも最近見習ってるっぺよ」
俺 「ん~と、具体的にど~すればいいの?」
ギプ「明日はラウンドやんないでいちんち中バンカーに居るんだな、はは」
俺 「はは、、、」
ってことで、師匠の許可を貰って翌日は1日中バンカーに居ました。
暇な時期だったので休みもらいますた。ギリプロが朝夕細切れでやるより
「1日中そこへ 住め!」 って、、はは、、。
早朝は研修生くらいしかやらないのでコース内でも練習オッケー。
んで、営業時間以降は邪魔になるので場所移動。あるんですよ、隠れバンカーが!
これ昔、楽勝プロがここで修行してた時に当時のグリーンキーパーが作った代物。
今でも研修生とか、一部のメンバーさんがたまに使ってます。小さめのグリーンも
あるしちゃんとしたバンカーです。食料いちんち分用意しますた。水も。小便は
立ち小便。なんつ~のはっきり言ってクラブハウスから遠いし目立たないトコ。
で、ギリプロからは「距離感出そうなんて考えずバンバン打てばいいっぺ」って
言われたんで200個くらい持ってった球を全部打ったら回収。また打ったら
回収のくり返しでした。朝4時半から始めて夕方6時過ぎまでやったっす!
もうね、口の中じゃりじゃり(笑)
んでね~、もう昼過ぎに感じたのは 習うより慣れろ ですた。
俺実際、砂を怖がってたんだね。イイ構えで剣道スイングすればスポーンって
簡単にでますた。やっぱ球の位置って重要。従来の位置だと刃から入るからミス
るのも当然。なんつ~の、ハンドファーストの逆みたいなイメージだな。
コンビニで多めに食料買ってってよかったっす。めっちゃ腹減ったもん。
その日はバンカーショットしてるか立ち小便してるか何か食ってるか、ですた。
で、翌日そのできばえを見せにラウンドに臨みますたのですた。

そんで翌朝に研修生2人とラウンドしますた。
磨きをかけたバンカーショットの発表会の気分♪
んだけど、数ホール行っても全然バンカーに入ってくんないんだよね。
なんかさあ、出勤前の朝の天気予報で傘持ってけって言われて降らなかった
ような気分かな。そんで一回2人の前で見てもらいたかったから宣言して、
 
わ ざ と 1 ク ラ ブ 落 と し て 入 れ ま す た !

研2名「おっ、そうきたっぺか!お手並み拝見ってか?」
まあちゃんと構えて昨日やった通りスイングしますたよ。
ちゃんとフワーって浮いて1ピンオーバーしますた。距離感まだないからね。
でも今までの俺と比較したら画期的な球っす!
研2名「おっ、球あがるじゃ~ん。普通っぽく見えるっぺな!」
俺  「んじゃなきゃ首くくる、俺」
んで、その最終ホールの1ピンを惜しくもはずしてボギー。
研2名「惜しかったね、最後にアレやんなかったらチャラだったのに、、」
   「勝負所だったのに、おバカでつか?」
俺  「へ、、?そーだったの?まいっか、、、」
研2名共に37回、俺43回ですた。確か解禁後20ラウンドくらいかな。

なんか陽がさして来た予感がその時確かに感じますた。

ある程度の下地があって、30R連続でやれば難しいセットでもボギーペースでは
回れるっていう事でしたが、20数ラウンド目に43が出て、そのあと10Rくらいは
45ペースですたね。

# by bouprogolfer | 2015-12-14 06:57 | ゴルフ男

ゴルフ男【バンカーショットの技】・・8

やっぱバンカー苦手。ドライバーはいいのにバンカーはホームランばっかり(涙)なんでみんなバンカー上手いんだろう?

で、9H終了後ギリプロが 「おめえはバンカーのセンスがノー感じだっぺな」って。
で、「マスター室のボール篭とサンド持って2番のバンカーさ来い!」って。
俺「えっ、バンカー教えてくれるの?」
ギ「いちいち教えるなってオヤジに言われてっから・・・一緒に練習すっぺ」
俺「おっす!」

もうね、ギリプロはバンカーショット上手い!うま過ぎる!!!!!
フワ~フワ~って舞い上がった球がピンの根元に落ちて、「オーバーかな」って
思うと1mくらいピュ~って戻ってきてカップに入りそう。2~3個入ったな。

並んでやってたんだけど、俺の球はトップもダフリもなんでもあり。全然フワーって
球が出ないッス。
俺「なんで同じ人間なのにこうも違うのよ!」って言うと
ギ「だってオラはプロだもんな~♪」って・・
俺「・・・・・・・」
ギ「マジでオヤジに教えるなって言われてっから・・・見て盗め!」
俺「わかったよ、じゃあずっとやってて、見てるから・・」

20分くらいずっと打ってくれますた。ずっと見てました。
ギリプロは用事があると言って撤収。残ったのはバンカーとグリーンに散乱した
ボールと俺・・・とサンドウェッジ・・・と?・・・・・・・・・・・・ん~・・・・・・・・・俺と・・プロの・・・・・・・

   足     跡    と    打   っ   た    跡    !

よーく比べてみますた。オープンスタンスの度合いは同じくらいでOKだなあ・・・
ん~?なんか打った跡が俺とプロのは違うんじゃ????????
なんかねえ、プロの方が先の方で取れてるんだよな。先で。ん~~、わからんなあ。
で、そんときコース課のオジサンが芝刈り機に乗ってきて、「ちゃんとならして、ボールマークも直しておいてよ」って言うんで「は~い」ってついでに思い切って「これじゃあバンカーショットの構え悪いっすか?」って構えながら聞いちゃった。そしたら 「ん~球もっと左でねえかな?」って。
で、芝刈り機に乗って行っちゃった。
で、早速ちょっとずつ左に寄せながらやってると、ある位置に置くと 「フワ~」ってギリプロみたいな球が一発出ました。元に戻すとトップです。またある位置に来ると 「フワ~」って浮きます。
何発かフワ~ッて浮いたところで日没間際。後片付けしなきゃって撤収。
で、翌日   驚愕  の事実が発覚したのでした!続く

# by bouprogolfer | 2015-12-12 15:17 | ゴルフ男

某プロサインコレクション Vol.7

今回はジョン・クックです。競走馬じゃないからね(笑)

現在は米シニアツアーで活躍中の中堅選手です。

日本でも過去に中日クラウンズに優勝してるから知名度はあると思います。

e0076231_1149502.jpg

ジョン・クック

「1978年の全米アマに優勝して翌年プロ転向後はPGAツアーで10勝以上をあげたベテラン選手。
 93年ライダーカップの選手としてプレー。コンパクトなスイングで飛ばないが正確なアプローチ
 に定評がある。現在米シニアツアーで活躍中。1957年オハイオ州生まれ。身長183cm」

この人今は58歳のオジサマになっちゃってるけど、当時はサラサラブロンドヘアーの細身で女性ファンにガチでモテてたんだぜ。ルックスもイケメンだったなあ。これでゴルフが超上手いんだからほとんど犯罪だよな(笑)ウラヤマス!シニアツアーで頑張ってね。

ではまた!

# by bouprogolfer | 2015-12-10 12:09 | 某プロサインコレクション

ゴルフ男【コース解禁!プロとの握り勝負・・・】・・7

師匠から思わぬ卒業宣言をされた翌朝、4時ジャストに目覚まし時計に起こされますた。
起きてみた感想・・・「予想以上・・めっちゃ眠いっす・・」
でもそんな事言ってられない、研修生A、Bは4時半くらいにはスタートし
ちゃうからね・・・・。

4時25分にコース到着。研修生A、Bはパター練習してたんで一安心。
俺 「おはよ~、久し振りだね!」
研A「しばらくだっぺな、コース解禁よかったな!」
研B「う~ん、ますます体が締まったみたいだなあ」
俺「もうねえ、はっきし言ってつらかったよお。1ヶ月同じことばっかしやらされた・・」
研A「ははは、そりゃしょうがないっぺな上手くなるには」
研B「普通はできないよな、そんな基地外行為は(笑)」
俺 「うん、マジで道路工事してるような気分ですた」
  「しっかしずいぶん早くから回るんだね」
研B「うん、6時45分から玄関番の業務だからね。6時頃上がってもう一度朝飯だから」
俺「朝飯2回食べるのね、ボブサップじゃないんだから・・」

で、早速アウトの1番からスタート。打つ順番はティを投げて、落ちたティのとんがってる方に居た人が最初に打ちます。後は立ってた時計回りの順。なんかさあ、くじ引きみたいな鉄の棒が4本あるでしょ、そんなの使わないんだね、こういう連中。

1番ホール、430Y パー4。研Aからティショット、相変わらずのフェードボールでフェアウェイセンター。次は研Bが打ち、こっちはハイドローでフェアウェイセンター。
最後が俺、とにかく師匠の言う「かけっこ」を忘れないように2度素振りしてから打ちますた。もうスムーズに動けてナイスショット。ドローのような真っ直ぐのような球。手ごたえアリ。
研A 「おっ、芯喰ったべな」 「飛んでるよコレ」
研B 「へ~、イイ球打つようになったなあ」
俺 「マグレだよ~、またすぐチョロ打つからさあ」

で2打目付近に行くと2個は280Yくらいで2個とも彼らの球。でもう一個は35Yくらい先のフェアウェイ。で確認すると俺の球。カート道に当たったのかなくらいの感じでプレー進行。
1時間半くらいで9Hを終了しますた。研A 38回、研B 39回、俺 49回。当然握りは負け。
でも1ヶ月前は終了後戦意喪失って感じですたが、今度はなんか違う。アプローチパターやバンカーのミスだけの負けって感じで「なんかやれそう・・」って感じ?
9Hやってハッキリしたのは彼らとの距離差です。7回1W打って、全部俺が飛んでました。
30Y~40Yくらいの違いかな。
研A 「なんか勝ったけど複雑な心境だんべ・・」
研B 「ドライバー曲がらなくなったね、で飛んでた。俺も複雑・・」
俺  「なんだかわかんないけどうれすい。なんで飛ぶ様になったのかな?」
研A 「芯喰ってるもんな・・」
研B 「スイング良くなったもん、スイングプレーンきれい・・」
俺 「ふ~ん、じゃあ素直に喜ぶよ。じゃあまた夕方ね、バイバイ」
夕方はギリプロも参加して楽しそう。で、大変な事してしまいますた。続く。

そんでその日の5時前にコース到着。待ち受けてたのは研A、Bとギリプロ。
ギプ「おうよく来たっぺな!もう回るから準備すぐしてね」
俺 「よっしゃ、また揉んでくれよな!」
ギプ「今朝派手に飛ばしたらしいべな!まあ俺よりは無理だけんどな」
俺 「そりゃそうだろ、アンタは商売人なんだから。キャバじゃあ負けねえけんど(笑)」
ギプ「うん、キャバ攻略のツボこっそり教えれ・・」
俺 「その前にゴルフ教えれ・・」

で、早速1番からスタート。やはりティ投げの儀式で順番決め。最初は研Bがティショット、持ち前のハイドローでフェアウェイセンター。次が俺、2度素振りして「かけっこ」スイングしてやりました。朝と同じ球。朝露が無いのでランがちょっと出たような出ないような・・
次、研Aはしつこくフェード。ややコスッてフェアウェイ右。最後のギリプロ、「バチーン」という快音とともに綺麗なハイドロー。研Bのハイドローよりも落ちてくるのが遅いっていうか飛んでったままみたいな凄い球ですたよ、はい流石ツアープロだなって感じ。

2打目地点。研A260Y、研B280Y、俺315Y、ギリプロ320Y。4つともフェアウェイ。
研A「ギリプロ、言った通りでしょ、1の飛びは!」
ギプ「う~ん、飛んだっぺな。普通じゃないが、まだ俺にはかなわないっぺな」
そんで途中までギリプロと俺の距離差は5~10Yギリプロが出てました。
で、途中のロングホールのティショットで体も柔らかくなった感じなんで少し捻りをきつくして「かけっこ」を速くして打って見ますた。このホール広いしね。ハイドローで、なんつ~か滞空時間が長いって感じ。ギリプロもイイ当たり。

2打目地点行ってみると、俺の球がギリプロの先に行ってるじゃん。5Yくらいだけどね。
で、そのあと2回くらい5Y先に行ってますた。
で、9Hの結果。1位ギリプロで37、2位研B38、3位研A40、ビリ俺50、ですた。
なんせ日本オープン一歩手前のセットなんでプロでもなかなかアンダー出ないね。
普通のバックだとここから2つくらい引いた感じらしいよ。とにかく難コースよ。
また握りは当然ブッチギリで負け。でもショットはホントに良くなったです。
今回はバンカーショットでたくさんミスりますた。ホームランつうの?トップしてグリーンを行ったりきたりで大損。これが特に響いたですね。でもギリプロのこの言葉は嬉しかったなあ、
ギプ「まあ50打ったけんど、内容が全然違うべな。1Wなんて大したモンだべ、いいスイングになった!」 「さすがオヤジだんべな!」って俺をほめろよ(笑)

俺 「毎日来るからまた揉んでくれよな」
ギプ「おう、じゃんじゃん来いよ、今度はもっと飛ばすからな」
俺 「うん、眠いけんど頑張るべえ~!」

で、翌日も、4時起き→パン・ジュース→4時半過ぎスタート→48で負け→吉野家。
      17時頃スタート→49で負け。ですた。3000円ずつ6000円負け。

で、翌日どでかいヒントを発見してしまいますた!


続きは今度!

# by bouprogolfer | 2015-12-08 09:20 | ゴルフ男

某プロサインコレクション Vol.6

今回は余程のゴルフ好きしか知らないオッサンです。

J.C.スニードなんて知らないかな?

でもこの人の叔父さんはすげ~んだよな。それは・・。

e0076231_10273785.jpg

J.C.スニード

「名手サムスニードの甥。1940年生まれ。ヴァージニア州出身。1964プロ転向。
 身長188cm 体重97キロ。」

サム・スニード

「サム・スニード(Sam Snead, 1912年5月27日 - 2002年5月23日)は、アメリカ合衆国・バージニア州アシュウッド出身のプロゴルファー。本名は Samuel Jackson Snead (サミュエル・ジャクソン・スニード)という。同じ1912年生まれのベン・ホーガン、バイロン・ネルソンと並ぶ偉大なゴルファーであり、1950年に年間11勝をあげるなど、プロゴルフの歴史に残る数々の記録を残した人である。身長180cm、体重86kg。「サイドサドルスタイル」と呼ばれる、パターを正面に構えボールを押し出すように打つ独特のパッティングフォームが特徴。

PGAツアー通算82勝。メジャー大会ではマスターズ3勝・全英オープン1勝・全米プロゴルフ3勝を挙げ、通算7勝を獲得したが、全米オープンだけは4度の2位で止まり、「キャリア・グランドスラム」は達成できなかった。 しかし、ツアーのあらゆるタイトルを総なめにしたその偉業から「スラマー」と呼ばれる。

1974年に世界ゴルフ殿堂が創設され、スニードは直ちに殿堂入りを果たす。シニアツアーでも長い競技経歴を築いた彼は、最晩年まで元気な姿を見せ、2002年のマスターズでも始球式を務めた。しかし脳梗塞の病状が悪化し、2002年5月23日に89歳で死去。90歳の誕生日を4日後に控えた死だった。」wiki参照


ついでだから叔父さんも載せたったわ。サムすげ~よな。
それに比べて甥のJCは大した戦歴は無いもののマスターズなんかにはちょこちょこ出てたしこのサンディエゴオープンでも2勝してるのでそこそこのプレーヤーとは言えるね。
サイン貰う時に写真も並んで撮るんだけど、無駄にでかいオッサンだなあていうのが印象だね。
でも打つ球は巨体だけに高くて豪快だったな。小技のデリケートさがイマイチだったんだろな。
もう75歳くらいだけどなんか出てるんだろ~かな。お元気でね!

ではまた!

# by bouprogolfer | 2015-12-07 10:47 | 某プロサインコレクション