石川遼スイング改造について

マスターズ直前にスイング改造やっちゃったな(笑)

パパもついにヘタ打った感じになっちゃったなあ。パパのレッスンは遼くんが学童くらいまでは効果があったとは思うが、それ以降にはゴルフ部での経験や試合で上手い選手を目で盗んで成長したんだと思います。だから今のスイングテイストは遼くん自身が築き上げたものなんだと感じます。パパは精神的なサポーターとしては世界で一番なのだが、コーチとしては素人なんだから「世界の宝」に対してスイング論を押し付けてはいけないな。
パパがいつもそばに居ることによって「悪い虫」がつかないメリットがあるからみんな黙って見てたんだよ。まだ17歳だから、酒、タバコ、オナゴとかの誘惑も先輩達の悪乗りなんかで遼くん一人だったらあるかもしれないし、フォーカスされると困るからな。

そして遼くんは素直な子だし、その優しさを大試合直前にマ○ク小西氏に発揮しちゃったんだな。
e0076231_1840190.jpg

だいたいあんなに右肩を落としていい筈がないだろ(笑)
確かに構えのセオリーで高い球を打つ際には微妙に右肩を下げるが、傍目にはわからない程度です。
あんなに肉眼でわかる程下げさせるのは噴飯モノでありますな。

マ○ク小西氏とは20年くらい前に一度9ホールだけご一緒したことがありますが、言ってることとやってることがチグハグに見えましたぞ。どこも痛くないのにハーフで50以上もよく打つと感心した記憶がありますな。
20年前と言うと、彼が全盛の頃じゃなかったっけな。あのスイングではOK牧場倶楽部のコンペに出ても上位は難しいんじゃないかなあ。
まあ、必ずしも下手糞は良い指導ができないとは言い切れないが、目の前で50いくつ打たれればその指導法に不信感を持つのが自然だよな(笑)
彼もこんな愚行を犯さなければ50叩きを書かれなくて済んだのにな。だが事実だから仕方ないな(笑)
それにこんな構えを多くの国民が指導されて大勢の腰痛患者が出ては困るからな。国からA級ライセンスを頂いている専門家の目から見て、少なくとも右肩を極端に下げた構えは人体力学の点から言っても腰・背中に多大の負担がかかるので絶対に真似をしないでいただきたい。

なにはともあれ、遼くん親子とマ○ク小西氏は決別したらしいが当然でしょうな。

別々の道を歩むことになった遼くんとマ○ク小西氏の更なる成長を祈念いたします。

by bouprogolfer | 2009-05-06 19:08