レッスン

アマチュアゴルファーはなにがしかのプロのレッスンを受けているようだが・・・

ほとんどの場合、言われた事が理解出来なかったり、その通りやると益々訳がわからなくなるのではないだろうか?

レッスンの形態としては、ある程度の手ほどきをする団体レッスンと個人的な悩みをマンツーマンで矯正する個人レッスンの2つに分かれる。
e0076231_16553517.jpg

まず団体レッスンであるが、ほとんどの場合、なんとなくゴルフスイングらしくなればそれなりに成功という考え方が大半を占める。

とりあえず笑われないようなアウトラインを作れれば良しという・・・

であるからして上手くならないと嘆いてはいけない。それだけの事しか学んでないのであるから・・・。先生の技量もかなり疑わしい場合が多いように感じる。

そのようなスクール的なところの先生はバイトに毛の生えた様なギャラしかもらってないのである。上手くして貰おうというのがそもそも無理がある。

次の個人レッスンであるが、これはプロのレッスン技量に天と地ほどの差があるから運不運がつきまとう。

そのプロの試合の成績や賞金額、有名かそうでないか、平均71か76か。そのような情報はプロのレッスン技量を判断するのには全く役に立たないのである。

そのプロの生徒に上手い人がいる、という情報も役に立たない。上手くなるヤツは誰が教えても上手くなるものだし、教わる前から打てる状態だったかもしれないのである。

e0076231_18163038.jpg
やはり数打ちゃ当たる式に足を方々に運ぶというのが一般的ではある。大変な労力であるが、良いプロに巡り合うには仕方ないのである。

だが20人くらいハシゴしてもたいていは同じことの繰り返しにはなると思う。

ちゃんと数えた事はないが腕利きのレッスンプロは非常に少ないのが実情である。しかし一旦巡り合ったら幸運である。100平均の人はすぐ90前後にはなる。

皆さんの友達で長年ダッファーで急に上手くなった人が居たら多分良いプロに巡り合ったかもしれないので聞いてみるといいだろうな。

by bouprogolfer | 2005-09-20 17:46