恐るべし飛び! バシレウスZ

もう先週あたりから秋テイストに様変わりしてきましたな。

以前にも書きましたが、秋ゴルフが一年の中では一番快適にプレーできますので、存分に満喫していただきたいと思います。

さて、先日に出場したオープン競技向けに今風のシャフトを送ってきてくれたので早速使ってみた感想を書いてみたいと思います。それは・・・。
e0076231_12404629.jpg

やっぱアッタス3の6Sじゃヤッコ過ぎるんだよね。で、今更7Sだの7Xに替えるのもつまらないのでお任せで1本作ってもらったのがバシレウスZ60Sであります。スリーブをつけてもらったのでレーザーFITオーセンティックのヘッドに装着して使っております。もう数ラウンドしましたかな。

データを見ると60Sで振動数が256だからややソフト目のシャフトですな。で、実際に送ってきたシャフトの振動数は265なのでチップカットしてちょうど良く調整してくれた感じです。通りで完璧に打ち易く調整されてるんでいきなりナイスショットの連発でしたな。キックポイントは中調子で全部がグ~ンとしなる感じですね。

このバシレウスZっつ~のは材質がカーボンと違ってフルボロンで出来ております。
で、どう違うのかというと球の伸びということになりますな。

先日、越谷GCで健斗とラウンドしたときに二人で打ち比べてみたのだが、一致した感想は初速が速くて、途中失速せずに球がス~っと1伸びする印象でした。なんて言うか、飛んでく姿が美しいというか優雅にさえ感じるほど独特の伸びる弾道です。これは一般のカーボンではちょっと出せない味わいですな。

実際、飛距離も平均的に10~15y伸びている感じがします。それに加えて方向性も良い感じがいたしますな。まさに飛んで曲がらない、という最高の仕上がりになっております。拙者も健斗も大絶賛致しました。

聞いてみると、女子ツアーで特に人気に火が付いている状況みたいですね。やはりツアー選手は一打一打が生活にかかってくるので少しでもいいものをと必死なんですな。

もうちょっと他ではコレを超えるシャフトはなかなか見つからないと思うので当分の間はこのバシレウスZでブイブイいわしてみたいと思っております。ではまた!

by bouprogolfer | 2012-10-27 13:10 | エクイップメント