松山英樹惜しくも4位 2012アジアアマチュア選手権 

最終日に追い上げを見せたが、松山英樹の大会3連覇&来季マスターズ切符は夢と消えた。

 第4回アジアパシフィックアマチュアゴルフ選手権は現地時間4日、タイのアマタスプリングCCを舞台に最終ラウンドの競技を終了。14歳になったばかりのグアン・ティンラン(中)が初日からの首位を守り抜き通算15アンダーで完全優勝を飾り、来季のメジャー初戦であるマスターズの出場権を獲得した。

 これまでのマスターズ史上最年少出場記録は2010年マッテオ・マナセロ(伊)がマークした16歳。グアンは来年その記録を塗り替えることになる。

 6位タイから奇跡を信じ逆転Vを目指した松山は前半3つのバーディ(1ボギー)を奪って追い上げ体勢に入ると、後半も11番と14番でバーディを奪い上位にプレッシャーをかける。だが肝心の上がり4ホールはスコアカード通りのプレーに終わり、4アンダー68とまずまずのスコアをマークするも通算10アンダーは優勝したグアンに5打差の単独4位に終わった。
e0076231_101217.jpg

2度ある事は3度あると言いますが、ゴルフの3連覇なんてそうそう簡単じゃないんですな。

今年5打差4位タイの松山はよく頑張ったと思うし胸を張っていいと思います。

で、マスターズ招待条件の優勝を逃してしまったが、これで本当に終わりなのだろうか?

石川遼プロが過去2回特別招待によって出場しているのはご存じですよね。

最近のマスターズ招待の傾向もアジア重視になってきているし、特別招待にプロとアマチュアに区別はないと思われるので、過去2回の松山選手のマスターズでのプレーぶり(初年度ローアマ)を考えると彼が特別招待を受けても不思議ではないと思います。

また彼は三井住友VISA太平洋マスターズに優勝して来年末までのシード権があるので、来年早々からのプロ転向も考えられます。

いずれにしてもマスターズの特別招待枠に引っかかるかどうかが今後の進路に大いに影響するのは間違いないところなので今後のマスターズ委員会の動向に注目ですな。朗報を祈ります。

by bouprogolfer | 2012-11-05 18:49 | プロツアー関連