Xフォージドアイアン2013 キャロウェイゴルフ

もうすでにUSツアー、ヨーロピアンツアー等でミケルソンを筆頭にツアープレーヤーに使用されているのでご存じの読者も多いのではないでしょうかな。

来年のキャロカタログのメインの一角を固めるのがほぼ決定したので書いておきます。

今年一杯までは2011から発売のRAZRXフォージドアイアンが上級向けモデルとして販売されますが、来年モデルからXフォージドアイアン2013として1月下旬発売が予定されております。

昨年のRAZRXフォージドのデザインがイマイチだったので次期モデルが切望されておりましたが、2013モデルは期待以上のデザインと性能になりそうであります。それは・・・。
e0076231_15554357.jpg

どおですか?かな~りカコイイんでないですかな?設計はもちろんロジャーな♪

ご覧のようにかなりのミラー仕上げであります。これほどまでのミラー感のモノは過去にも記憶がありませんな。従って晴天の時はピカっと眩しい時もあるかもしれませんね。まあそんな時はやおら頭上のグラサンをすかさずかけてショットするのが粋というもんですぜ、旦那。情報では日本向けにサテン仕上げにするということはないようです。

価格は未定ですが、来年の1/15~16に先送りになったキャロ展示会で正式発表されると思いますのでもう暫くのお待ちを・・・。標準シャフトは3種類、DGS200、M10DB、NS950Sに落ち着きそうですな。

ヘッドの材質は2009モデルから採用しているS20Cの軟鉄鍛造仕上げに替わってオデッセイのパターによく使われる1025カーボンスチールという更に柔らかい素材になるので、相当マイルドな打感が楽しめると思います。またロフトが従来より1度ストロングになっているので、そのへんの塩梅がとても気になるところではありますね。飛ばない人にはいいんですがね。まあ軟鉄なのでどうにでもなるっちゃなりますがね。

で、もう拙者は来年からこのアイアンを使用する宣言しちゃいますぜ、旦那。誰かの真似っこと言われないようにな(笑)オバチャンキャディには確実に冷やかされるな(汗)

そう、石川遼の使用アイアンが気になるところですが、今のところ石川遼モデルとして発売する予定のクラブは一切無いので、恐らく遼くんはミケ使用であるこのXフォージド2013を選ぶのではないかと拙者は見ております。もし新たに石川遼モデルとして出すにしても夏前後に限定2000セットとかになるんでしょうな。まったくの憶測ではありますがな。

さてさて、ウェッジ、パター、アイアンまで遼くん使用クラブの予想が立ってきましたね。次はウッド類の情報が入り次第アップしてみたいと思います。乞うご期待!

by bouprogolfer | 2012-11-22 16:50 | エクイップメント