某プロサインコレクション Vol.6

今回は余程のゴルフ好きしか知らないオッサンです。

J.C.スニードなんて知らないかな?

でもこの人の叔父さんはすげ~んだよな。それは・・。

e0076231_10273785.jpg

J.C.スニード

「名手サムスニードの甥。1940年生まれ。ヴァージニア州出身。1964プロ転向。
 身長188cm 体重97キロ。」

サム・スニード

「サム・スニード(Sam Snead, 1912年5月27日 - 2002年5月23日)は、アメリカ合衆国・バージニア州アシュウッド出身のプロゴルファー。本名は Samuel Jackson Snead (サミュエル・ジャクソン・スニード)という。同じ1912年生まれのベン・ホーガン、バイロン・ネルソンと並ぶ偉大なゴルファーであり、1950年に年間11勝をあげるなど、プロゴルフの歴史に残る数々の記録を残した人である。身長180cm、体重86kg。「サイドサドルスタイル」と呼ばれる、パターを正面に構えボールを押し出すように打つ独特のパッティングフォームが特徴。

PGAツアー通算82勝。メジャー大会ではマスターズ3勝・全英オープン1勝・全米プロゴルフ3勝を挙げ、通算7勝を獲得したが、全米オープンだけは4度の2位で止まり、「キャリア・グランドスラム」は達成できなかった。 しかし、ツアーのあらゆるタイトルを総なめにしたその偉業から「スラマー」と呼ばれる。

1974年に世界ゴルフ殿堂が創設され、スニードは直ちに殿堂入りを果たす。シニアツアーでも長い競技経歴を築いた彼は、最晩年まで元気な姿を見せ、2002年のマスターズでも始球式を務めた。しかし脳梗塞の病状が悪化し、2002年5月23日に89歳で死去。90歳の誕生日を4日後に控えた死だった。」wiki参照


ついでだから叔父さんも載せたったわ。サムすげ~よな。
それに比べて甥のJCは大した戦歴は無いもののマスターズなんかにはちょこちょこ出てたしこのサンディエゴオープンでも2勝してるのでそこそこのプレーヤーとは言えるね。
サイン貰う時に写真も並んで撮るんだけど、無駄にでかいオッサンだなあていうのが印象だね。
でも打つ球は巨体だけに高くて豪快だったな。小技のデリケートさがイマイチだったんだろな。
もう75歳くらいだけどなんか出てるんだろ~かな。お元気でね!

ではまた!

by bouprogolfer | 2015-12-07 10:47 | 某プロサインコレクション