ゴルフ男【パッティング天性のタッチ】13

滞在3ヶ月くらいの早朝に42回が出ました。
まあ、内容は平凡ですがアプローチのおかげでポカが少なかったんでしょう。
研A、研Bが共に37なのでハンデ5を引いてチャラ。感動のチャラですた!
もうこのへんまで来ると、近いうちに「勝利の予感」がありますた。
もうなんつ~の、こんだけ毎日ゴルフやってると、「緊張する」とか「あがる」って
しないね。もう淡々と打っては進み打っては進みって感じ。
で、よく寝てよく食べました。ふくらはぎとか異常に太くなったもん。

で、この日にみんなに褒められたことがあるんで書いておきます。
俺ってパッティングのタッチがめちゃくちゃイイらしいんです。
基本の構えと逆オーバーグリップを教わっただけで、後は適当にやってた・・

研A 「おめえのボールの転がりはホントにええっぺな・・」
研B 「なんか滑らかで、もう一伸びする感じだっぺな・・」
ギプ 「なあ、オヤジにパター、どう教わったぺか?教えれ・・」
俺  「ふぇ?構えとグリップだけだよ、後は適当よ」
ギプ 「ふーん・・・じゃあさ、おめえなりに気を付けてることは何?」
俺  「ん~?フェース面を変えないとかかな・・・」
ギプ 「ん~、そうじゃなくて・・じゃあ色んな距離にどう対応してるっぺか?」
   「おめえはよファーストパットの距離感良すぎだっぺ・・」
俺 「ふぇ?ん~とね、ボールの飛び出すスピードだけど・・何か?」
ギプ「自分で考えたの?それ・・」
俺 「そ~だね、自分で。だって最初のうちグリーンから出ちゃったりしてやだから・・」
  「なんかさあ、野球やってたから球の転がるスピードで止まるとこがなんとなく分かる」
ギプ「それ結構凄いかも・・楽勝プロが同じ事を前に言ってたっぺよ」
  「俺もそれ研究中だよ・・・」
研A 「普通さあ、距離によって振りの大きさを変えるじゃん」
   「でもそうやってるとタッチが大雑把になったり、手が入るんだよな」
ギプ 「なにしろおめえのタッチはすんばらしい!これマジレス!」
俺  「そ~なの?ギリプロのキャバでのタッチも良かったよ!」
ギプ 「それは言わないで・・・」

で数日後に記念すべき日が訪れました。続く。

by bouprogolfer | 2015-12-21 09:00 | ゴルフ男