某プロサインコレクション Vol.9

今回は往年の伊達男、ダグ・サンダースでございます。

おっさんゴルファーでこの人知らなければモグりだんべ(笑)

そのくらい昔は有名なプロゴルファーだったわけですね。それは・・。

e0076231_108338.jpg


ダグ・サンダース

「1960年代に活躍したダグ・サンダースは、いつもド派手ないでたちでプレーをしたため、「ピーコック・ガイ」(「フェアウェイのクジャク」)などと呼ばれ絶大な人気を誇っていました。また彼はスイングも独特で、これもドのつくコンパクトなもの。いつしかそのスイングは狭いところでも振れるということからテレフォンボックス・スイングというニックネームがつきました。サンダースはアメリカ・ジョージア州生まれ。全国ジュニアを制し、のち57年からツアー参戦。通算で20勝をマークしています。メジャーの記録は全米プロ、全米オープンでそれぞれ1度づつ、全英オープンで2度の合計4度の2位という珍記録を残しています。派手なファッションと小さなスイングで、当時の国民的ヒーロー、アーノルド・パーマーと人気を二分していた存在だったそうです。」.GDO参照

この人はプロアマでフォード大統領だかボブホープだかとプレーしてましたね。

色鉛筆セットみたいなウェアきて林由郎スイングしてたわ(笑)

テレフォンボックス・スイングなどと茶化す人が多いけど、実際無駄のない合理的なスイングだと思いますね。リートレビノとかモーノーマン等優秀なプレイヤーはけっこうこんな感じです。
筆者もラウンドになるとこんな感じになっちゃいますね。

今は相当なジジイになってるんだろ~な。お元気で!

ではまた!

by bouprogolfer | 2015-12-29 10:24 | 某プロサインコレクション