政治とゴルフスイング

ちょっと前に書いたフランス大統領選挙の決着がついたな。

アメリカ寄りのサルコジの勝利でありました。

まあこれで経済は良くなるかもしれないが、労働者との軋轢は当分続くだろうな。
ゴルフスイングもよ~く似ておりますな、ここいらへんは・・・

e0076231_18271592.jpg過去を振り返ってみて、政治もゴルフスイングも共通するのは「ニュートラルポジション」らしきものがあって、その周辺を行ったり来たりして「よりマシな国民生活、よりマシなスイング」を政治では日々変化する国際情勢、国民感情等々によって、スイングでは日々変化する体調、テイストによって、自ずから調整していかなければ立ち行かないところは全くよく似ていると思います。
いつかどこかに書いたが、学校の勉強で上手くいったような訳にはいかないのである。
勉強では教科書を丸暗記してテスト用紙に書き写す。これが出来れば秀才扱いである。

テスト用紙に書き写している時に為替レートが乱高下したり、突風が吹いたりもしない。
大体がニュートラルは実在するが答えらしきものは数種類はありましょうな。

例えば、OK牧場倶楽部の門下生に授けた「ゴルフスイングの真髄」一章二章三章も時々の変化するテイストや調子によって行ったり来たりしなければならないだろう。

理想は誰がなんと言っても三章ではある。ではあるが三章ならではの副作用もある。また二章ならではの副作用もあるのも事実。

三章がロワイヤルであれば二章はサルコジなのである。

とりあえず今の自分の調子を見て投票するのはあなた自身である。

by bouprogolfer | 2007-05-08 18:57