プロツアー出場への道

今日はひっさし振りに女子ツアーの練習日を覗きに行ってきました。

う~ん、最近はそこらへんの女の子みたいな選手が激増しててビックラこいたな。
もう身体が華奢で心配になるほどなんだが球は良く飛ぶから不思議だな。
ちょっと前は女子プロレス会場かと思う程ヤバい雰囲気だったのが懐かしいのう(笑)

さて、そんなプロゴルファー達でもなかなか出場するのは大変なのだよ。
今回は誰も書かないプロツアー出場の裏技にスポットを当ててみよう。

e0076231_20404734.jpgまず、大雑把に言うと、シード選手、主催者推薦者、マンデー通過者、QTファイナル上位者で出場選手は一杯一杯になります。それでもまだ出場のチャンスを待つ選手達がコースに押し寄せるのである。「ウェイティング選手」である。
一般的なウェイティング選手出場のイメージはQTファイナル上位から順に空きが出れば出場するイメージがあるが、それは間違いである。実際はコースに行きウェイティング選手として受付をして待っている選手が対象者となります。ですからQT順位50位の選手と100位の選手の二人だけウェイティング受付をしたとすれば50位の選手が1番目、100位の選手が2番目の出場順位ということになります。
で、けっこう病気や腰痛、親族の不幸で急遽欠場する選手が1~2名出ることがあります。こういった場合にコースでウェイティングしている選手に順番に出場権が与えられることになるのです。

それから出場権の無い選手にとってウェイティングには出場選手と同等の練習の機会が与えられるのはけっこう魅力なのである。芝の上での練習、整備されたグリーンでの練習、練習ラウンド。こういった機会が練習日にはウェイティング選手にも公平に与えられるのであります。普段コースでの練習が出来ない練習場所属の選手などは到底出場権を得るのは難しいQT順位でもウェイティングに来ることがけっこうあります。質の良い練習目的ですな。またシード選手達と一緒に練習することで技術を盗んだり、オーラを貰ったりみたいな目的もあるんだろうな。

またプロツアーのコースに来ている選手は例えウェイティングだとしてもメーカー各社のクラブを無償で提供して貰えるチャンスもあるのです。ですからけっこう油を売りに来るようなプロも居ることは居るのは確かではありますがな(笑)

これを読んでる読者にはプロゴルファーの涙ぐましい出場権獲得の努力を知っていただきたいと思います。それにしても「ナマ原江里菜」はガチで可愛かったな♪ 

by bouprogolfer | 2008-10-15 21:27 | プロツアー関連